上皮内がんと診断されてときの診断一時金額に注意

今や男性は2人に1入、女性は3入に1入ががんにかかるといわれています。がんの治療には費用がかかるので、生命保険全体の加入率が下がる中、がん保険の加入率だけは上がっているのもうなずけます。

がん保険はもちろん終身型が主流ですが、5年、10年といった定期型も選択肢が多いのが特徴。定期型のほうが若い頃には割安なので、子どもを養う期間だけ加入するといった使い方も可能です。

がん保険の一番の特徴はがんと診断されると「診断一時金」が給付されること。がんと診断されれば、多くの保険は入院や手術が伴わなくとも給付金を受け取ることができます。ただ、「上皮内新生物」の場合と「悪性新生物」では、給付金に差をつけるタイプと差をつけないタイプがあります。

フルで給付余が出るタイプのほうがよいですが、両者では治療費が大きく違うのも確か。保険料を見て検討をするといいでしよう。

またがんの場合、再発や転移が心配。2度目以降の診断でも、診断一時金が給付されるかどうかも大事。これについては、1回しか給付がないところもありますが、2年に1度を限度に回数無制限という場合も多いです。

(スポンサードリンク)


このページの先頭へ